足の爪

手や足になぜ爪があるのかご存知ですか?
爪は人間にとってなくてはならない機能を果たしています。
手の爪は小さい物をつまんだり、薄い物を持ったり、ペンなどで字を書くといった指先の動きを可能にしています。
足の爪は体を支え、立つ、歩く、といった行動を安定させる働きをしています。
また、骨は指先までありません。爪はその骨が上に飛び出ないように押さえる働きをし、指先に力が入るようになっています。足は全体重を支え、足の指はギュッと力を入れて大地を踏みしめて、歩いたり、走ったりしています。
そんな足の指の爪のケアを間違えると、巻爪や陥入爪などのトラブルを引き起こします。
また、足にトラブルがあると歩き方も崩れ、体に負担を掛けてしまうことになり、肩こりや腰痛、膝関節など様々なトラブルを引き起こすこともあります。

正しい爪の整え方を教わったことがありますか?ぜひ、正しく足の爪を整えて、未然に足のトラブルを防ぎましょう。

正しい足の爪の整え方

写真のように爪が伸びてくると爪の角がくい込み、違和感や痛みを感じることがあります。
多くの方がこの角をザックっと深く切り落としてしまいます。
しかし、それは逆効果です。
爪が伸びてくるときに、さらに
巻きながら伸びてきてしまい、皮膚にくい込んでしまいます。
この悪循環を繰り返してしまうと、とてもひどい巻爪や陥入爪になる原因になります。
ご自身の爪、お子様の爪、深爪していませんか?

基本は「スクウェアオフ」の形です

爪の角を深爪にならないように出っ張っていた部分だけをカットします。
そして、爪の白い部分をすべてカットするのではなく、指のお肉と同じぐらいの長さ~1ミリぐらい短くカットします。
基本は「スクウェアオフ」の形です。指の形に合わせて丸く深くカットするのではなく、指の形に合わせて水平にカットします。

長さを調整しカットしたら、爪やすりで滑らかにします。
長さの微調整をしながら「スクウェアオフ」の形になるように爪の角も少し丸くなるようにやすりをかけます。

全ての指を同じように「スクウェアオフ」の形に整えます。
深爪にならないよう気をつけながら爪を整えてください。
長さの微調整は爪やすりで行います。

営業カレンダー

2020年01月
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年02月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
赤印は出張の為、サロンはお休みさせていただきます。

フットケア専門店
Ruamarry    
  ドイツ式フットケア フスフレーゲ

✿住所✿
東京都新宿区新宿5丁目17-6
新宿三幸町ハイム508号室
✿電話番号✿
03-6205-6637

✿Mail✿
ruamarry@m.gmobb.jp
✿アクセス✿ 
新宿伊勢丹から徒歩2分
新宿三丁目駅 E2 出口を右に徒歩30秒
野村証券ビルの裏
明治通り沿い・花園神社参道近く
       
✿営業時間✿
 11時 ~ 21時 
✿定休日✿
 不定休
✿お支払方法✿
 現金のみ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ