足のトラブルの原因は?

3点アーチ

足のトラブルの原因は
「足裏のアーチの乱れ」が原因です!

足裏には3つのアーチがあります。
1つは、親指の付け根から小指の付け根かけての「横アーチ」
2つめは、親指の付け根から踵にかけての「内側縦アーチ」
3つめは、小指の付け根から踵にかけての「外側縦アーチ」です。

この3つのアーチが崩れると様々な足のトラブルを引き起こします
表面的なケアだけではなく、トラブルの原因を根本的なところから改善していくことが何よりも大切です。
足裏のアーチが乱れる原因は様々です。姿勢や歩き方などの生活習慣や、足に合っていない靴などによる外的要因や、先天性・遺伝などの内的要因などが考えられます。

でも!足のトラブルでお悩みの皆様、諦めないでください!!
足のトラブルを根本的原因から改善していくには時間と根気が必要とされますが、足の声に耳を傾け、ちょっとお手入れをしてあげれば、自慢したくなるようなキレイな足を取り戻せます!!

足裏のアーチが乱れると引き起こる代表的な足のトラブル

角質・タコ・魚の目
ヒールダコ

そもそも、なぜ?皮膚が角質化し硬くなるのでしょうか?
それは、人間が持っている身体を護ろうとする保護作用が働くからです。
皮膚が靴などに当たり、圧迫されたり摩擦が生じると、その部分を護ろうとする保護作用が働き、角質化し硬くなるのです。

角質化して皮膚の上に盛り上がったものが
タコ(胼胝)です。
逆に皮膚の
中に掘り下がり芯がある角質状のものが魚の目です。
魚の目はできる場所によって強い痛みを感じます。芯が神経に触れることによって痛みが生じるので、角質ケアで角質をキレイに除去すれば痛みもなくなります。

しかし、足の環境が同じままでは約1ヶ月もすれば同じように角質がつき繰り返します。

外反母趾・内反小趾
外反母趾 仮骨性

外反母趾とは、親指が少しずつ外反し、つま先が小指の方向に曲がり、親指の付け根の骨が外側へ出っ張ってしまうものです。靴に当たって痛いだけではなく、ひどくなると脱臼することもあります。そして、外反母趾には種類があります。

内反小趾

内反小趾とは、足の小指が内反し、親指側に曲がり、小指の付け根が外側に出っ張ります。指の付け根部分が靴に当たり痛みがあることもあります。

巻爪
巻爪

巻爪とは、その名の通り巻いてしまった爪です。爪が巻いて肉に食い込み、痛みがでることもあります。原因としては、爪の乾燥や遺伝的なものもありますが、つま先を圧迫する靴や、アーチが乱れ足先に必要以上の力がかかってしまっている場合などが考えられます。その中でも一番多い原因は、爪の切りすぎによる深爪です。切りすぎた爪の周りの皮膚が盛り上がり、痛いからとさらに深く爪を切っているうちに肉に食い込み、巻いてしまうという悪循環を起こす場合があります。

ハンマートウ

ハンマートゥとは、足の指が曲がったまま伸びない状態のことです。考えられる原因としては、普段からサイズが大きい靴を履いていて、脱げないように足の指でつかもうと踏ん張り続けていたり、靴の中で足が動いてしまい、つま先が圧迫されたまま靴を履いていたり、逆にサイズが小さい靴を無理に履いていたことなどが考えられます。

営業カレンダー

2020年02月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
赤印は出張の為、サロンはお休みさせていただきます。

フットケア専門店
Ruamarry    
  ドイツ式フットケア フスフレーゲ

✿住所✿
東京都新宿区新宿5丁目17-6
新宿三幸町ハイム508号室
✿電話番号✿
03-6205-6637

✿Mail✿
ruamarry@m.gmobb.jp
✿アクセス✿ 
新宿伊勢丹から徒歩2分
新宿三丁目駅 E2 出口を右に徒歩30秒
野村証券ビルの裏
明治通り沿い・花園神社参道近く
       
✿営業時間✿
 11時 ~ 21時 
✿定休日✿
 不定休
✿お支払方法✿
 現金のみ

検索

モバイルサイト

ページの先頭へ